'17 5/27 Sat

マネ 最晩年の傑作を映像と音楽で読み解く 映像美術史特別イベント!

15:30 ~ 17:00 3Fにて開催します

大人気の映像美術史が特別イベントとして帰ってきました!

映像美術史とは

美術史の論文を映像ドキュメンタリー作品に。

映像技術を駆使して作品同士の比較対象をしながら絵画作品に隠された謎を論理的に紐解いてゆきます。

難しくなりがちな美術史の学術論文が、音楽に乗せて繰り広げられる映像で表現されているので、どなたでもすんなりとその世界に浸れます。

「マネ、格子と鏡」

19世紀後半のパリ。

印象派のリーダーと目されていたエドゥアール・マネは、ほかの印象派の画家とは異なり、

16世紀のイタリア絵画や17、18世紀のスペイン絵画を巧みに引用するだけででなく、

そこに日本美術の特質を取り入れて独自の表現を行った画家です。


そのマネの最晩年の傑作「フォリー・ベルジェールの酒場」の謎に、生の音楽演奏にのせた映像作品で迫ります。





イベント参加のお申し込み

上記イベントに参加をご希望される方は、以下のメールフォームからお申し込みください。

必須

必須

ご記入いただいた内容につきましては、イベントに関する情報として用いるために使用するものとし、その他の目的では一切使用いたしません。



まずはお気軽にお問い合わせください

教室を受講したい、アトリエを使いたい、まずは見学してみたい…どんなご相談でも専任スタッフがお答えいたします

お電話でのお問い合わせ

052-751-8033

営業時間:9:00〜21:30(年末年始を除き年中無休)