PICK UP

特集記事

芸術とともに楽しむ、極上ワインと素材重視の名古屋フレンチ

1Fのフレンチレストラン『カルチェ・ラタン』では、「芸術」とともに見た目にも美しいフランス料理をお楽しみ下さい。

シェフを務める小柳優好(こやなぎ まさよし)氏は、名古屋マリオットホテル『ミクニナゴヤ』にて2代目料理長・森永正宏氏に師事。

神戸『グラシアニ』を経て渡仏し、フランスの二つ星レストラン『Bigarrade(ビガラード)』などで研鑽を積んだ実力派。

『カルチェ・ラタン』では地産地消がテーマのコース料理を提供しています。

食材は、無農薬野菜や近海の地魚など、旬の新鮮なものを信頼できる生産者から毎日仕入れており、
食材のよさを生かした料理は、見た目の色合いや美しさ等、視覚的にもお楽しみいただけます。

また、素材重視の料理に寄りそうワインは、シャンパーニュ、ブルゴーニュを中心に、リーズナブルなものからオーパス・ワン、5大シャトーなどの高級ワインまで、約150種1,000本のワインを用意。
ザルトやロブマイヤーといったワイングラスにもこだわるほか、ワインのコルクを脱がずに注ぐことができる機会「コラヴァン」を使うことで、高価で希少価値のあるワインもグラスで常時20種ほど楽しんでいただけます。


北海道産牛フィレのロースト 季節野菜の庭園風、高知県産仁淀川実山椒のコンディモン 長崎県産本マグロのカルパッチョ、山芋のクロッカンサラダと加賀太きゅうりのコポー、花穂紫蘇の和エルブサラダ添え



長崎県産本マグロのカルパッチョ、山芋のクロッカンサラダと加賀太きゅうりのコポー、花穂紫蘇の和エルブサラダ添え



つるむらさきの葉を纏わせた愛知県産コチのグリエ、大葉とオクラのディップ添え

 

「芸術」をコンセプトに掲げる『カルチェ・ラタン』は、外観・内装が造り出す空間もまた、一つの芸術作品として味わい深い。外装のレンガタイルは、織部の職人が一枚一枚手で模様をつけて焼き上げたもの。内装は、やわらかく温かみのある大谷石と黒の鉄で空間を作り、ドアノブや照明はメキシコのアーティストの作品を採用している。店内には常時芸術作品を展示しており、約2ヵ月に1回作品が入れ替わるため、芸術鑑賞の楽しみも味わえる。客席は40席で、2〜10名までの半個室のほか、ワインバーも併設。デートや接待、記念日などの大切な日に、芸術と美しい料理とともに、豊かな時間をお過ごしいただきたい。    

   
■アクセス  
名古屋市営地下鉄東山線「池下駅」より徒歩1分

レストラン「カルチェ・ラタン」のホームページへ


< PICK UP一覧に戻る

まずはお気軽にお問い合わせください

どんなご相談でも専任スタッフがお答えいたします。

052-751-8033

営業時間 9:30〜21:30

(年末年始を除き年中無休)

無料体験・見学予約 > お問い合わせ・Q&A >