ART BLOG

アートブログ

【森下麻子先生クラス】紙が風邪を引く


今年の梅雨明けは遅れているようで、今日も朝から雨が降り続いています。
こんなに湿気が多いと、和紙や画材の保管に影響がないか、気になるところ。



森下麻子先生: 日本画は日本の風土に合わせて発展してきたので、極端な高温多湿な場所でなければ大丈夫。紙が風邪を引くのは少々困りますが。


ー紙が風邪を引く、とは?



森下先生:湿気が多い日に和紙にドーサを引くとカラッと乾かず、着色した時に滲んでしまい、綺麗に仕上がりません。その状態を『紙が風邪を引く』と言います。


ーそうなったら、もう使えないのでしょうか?


森下先生:いえいえ、貴重な1枚なのでドーサ抜きをします。50度くらい(指でなんとか触れるくらい)のお湯を、たっぷりと引いてもう一度乾かします。


愛情込めて優しくケア♪ 小鳥の頭をなでるように。


==========================================================================  
アート倶楽部カルチェ・ラタン  
名古屋市千種区池下町2-28, 052-751-8033  
絵画教室(洋画・日本画・水彩画・デッサン)、ギャラリー、  
フレンチレストラン、カフェ、ワインバーに屋上テラスを備えた芸術複合施設  
==========================================================================


< BLOG一覧に戻る

まずはお気軽にお問い合わせください

どんなご相談でも専任スタッフがお答えいたします。

052-751-8033

営業時間 9:30〜21:30

(年末年始を除き年中無休)

無料体験・見学予約 > お問い合わせ・Q&A >