ART BLOG

アートブログ

【絵画教室ブログ】子供の「脳」と「美術」の関係


こんにちは、火曜日担当の日本画講師の本地裕輔です。

アート倶楽部カルチェ・ラタンでは「子供の教室」も担当しています。

授業をする中で「美術」を学ぶことが子供会員さんの「脳」にどのような影響を与えているのかを感じたことをまとめてみました。

写真上・子供会員さんは、18世紀印象派・ミレーの模写をしています。
模写は、作家がどのような思考で制作をしたかを「追体験・擬似体験」をすることができます。

美術はイメージを具現化するものなので「右脳を使う」のは皆様もご存じのとおりですが、
この「美術は右脳をフルに使う教育」ではないかと思います。



例えば、上の作品の生徒さんは小学生ですが「補色」を理解してこの作品を描きました。
カボチャのオレンジ色が鮮やかに見えるためにどの様な配色を使用かを講師と一緒に考えました。

何気なく描かれている様に見えて、「自分のイメージをどの方法を使えば一番人に伝わるか」を絵画を通して経験していきます



写真上・2枚は同じ小学校低学年の生徒さんです。
写真上のかぼちゃは「指」に絵の具をつけて描いています。
指で絵の具の「ねばりけ」「伸び方」を体でダイレクトに覚えた後で筆を使うことで、
写真下の「柿の塗り込み」やほおずきの「乾いた質感」を見事に再現することができました。

観察→考える→アウトプットが見事に成功した作品です。

色彩や形は、実際の絵の具や鉛筆を使いながら体をとおして学ぶことで、お子さんが繊細な感性を育んでいるように思えます。



写真上・小学校低学年の生徒さんです。
魚が飛び跳ねる場面を描いています。



もともとは、引き伸ばした絵の具を見て「何の形に見えるか」を想像して講師と相談しながら
「魚」の作品に仕上げました。
想像力と創造力の問われる作品作りでしたが、経験や知識をもとに一枚の作品を生み出すことができました。

ここで紹介した作品はわずかですが、アート倶楽部カルチェ・ラタン池下の絵画教室では、現在たくさんのお子様の会員様が芸術に触れて楽しく学びながら制作をしています!

教室についてのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
お電話・メールにて随時受け付けております、
============================================================  
名古屋市池下の絵画教室 アート倶楽部カルチェ・ラタン  
(デッサン、水彩画、洋画、日本画、ボタニカルアート(植物画)  
名古屋市千種区池下町2-28, 052-751-8033  
絵画教室(洋画・日本画・水彩画・デッサン)、ギャラリーを備えた芸術複合施設  
============================================================


< BLOG一覧に戻る

カテゴリー

タグ

まずはお気軽にお問い合わせください

どんなご相談でも専任スタッフがお答えいたします。

052-751-8033

営業時間 9:30〜21:30

(年末年始を除き年中無休)

無料体験・見学予約 > お問い合わせ・Q&A >